2018.08.24 常勤講師給料上限大幅引き上げ!



公立学校に勤務する常勤講師の給料月額に上限が設定されていることを指摘したことで、今年度より給与体系が変更されました。

2017年5月現在、本県教育委員会に任用されている常勤講師は、小中高、特別支援学校合わせて約2,900人で、そのうち給料月額が上限に達し、それ以上給料が上がらないものは800人を超えていました。

正規教員と常勤講師とでは、その職務内容に大きな差が無いにも関わらず、これまでの給与体系では最大で月額約13万円もの差がありました。

今回の給与体系の見直しにより常勤講師833人の給与が見直され、月額平均21,400円の改善が見られました。

この改正は本県の講師不足の解消においても意義あるものと大いに評価し、子どもたちの教育環境が守られることに繋がると期待します。