2018.08.24 高校の「朝課外」事実上強制、見直し求める!



「朝課外」「朝補習」などの補習の受講は本来任意ですが、多くの高校で事実上の必修扱いが続いており、生徒らは「寝不足が続き、効果を実感できず体力的にもきつい」と訴えています。

また教員の多忙化に拍車をかけることから、生徒の意思を尊重し、事実上の強制している補習の在り方を見直すように福岡県教育委員会に働きかけました。

その結果、県教育員会は各県立高校に対し、補習が任意であることと生徒自身の参加の意思確認を行うように通知を発出。

今後は自主的なものになると期待します。